DoctorUP

Home > サービス> DoctorUP

現役医師の節税・税金対策のための不動産投資【DoctorUP】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

節税をお考えの医師の皆様、不動産投資のDoctorUPへ是非一度ご相談下さい。日々社会に貢献している医師の皆様が経済的にも恵まれますように、それがプルアップの願いです。

クリニックに雇われているので、スキルアップとして活用している学会の参加費用や様々な書籍の購入費用は既に経費として年収から差し引かれていますので、その部分を削減の対象として考えることはできません。 しかし、自分の周りにいる医師の多くはある方法で所得税の節税をしているので、自分自身も思い切って実践してみることにしました。 多くの医師が実践する方法というのが不動産投資です。一見すると何が節税に繋がるのか分からないかと思いますが、それについては最後にお伝えをします。 まずは不動産投資に欠かせない物件探しですが、これは自己資金200万円に加えて銀行から融資してもらった1,800万円を元手に2,000万円で購入できるマンションを探すことにしました。 そしていざマンションを購入すると初期費用はもちろんのこと、その他にも減価償却費や金利、雑費など様々な費用がかかって、家賃収入を超える損失が生じてしまいました。 しかし、これが予定通りで実は上記にある費用の一部は経費として落とすことができますので、医師としての所得に赤字になった金額を加えることが可能となっています。 要するに見た目的には所得を減らすことができるので、その結果として所得税も減らすことができるということです。それに加えてマンションを資産として手に入れることができたので満足のいく結果となりました。

注目キーワード

病院
医療法の定義では 「病院」とは、医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であつて、20人以上の患者を入院させるための施設を有するものをいう。病院は、傷病者が、科学的でかつ...
総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
PAGE TOP ↑