自家焙煎珈琲やすらぎ

Home > 生活> 自家焙煎珈琲やすらぎ

コーヒー豆の通販 自家焙煎珈琲やすらぎ


コーヒーの関連情報

コーヒー(オランダ語: koffie /?k?fi/ コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コーヒー豆を通販で注文することができます。自家焙煎珈琲やすらぎでは受注後に焙煎を行い、新鮮なコーヒー豆をお届けいたします。コーヒーギフトも好評発売中!美味しいコーヒーの淹れ方も紹介しています。豆は、全て農園・農協・地域等の跡をたどることができる豆だけを使っています。

夏も近づくと気温も上昇をして通販サイトで選ぶのも、アイスコーヒーなどに適したコーヒー豆であり、いかにおいしいアイスコーヒーが飲めるか豆にもかかっています。コーヒーの通販サイトではホットでもアイスでもおいしく飲める豆の種類を用意していますし、夏になれば世の中のユーザーが求める、アイスでも美味しい豆を厳選しての紹介です。もちろん年間を通してコーヒーはホットで楽しみたい人も多いですから、夏場でもホットでおいしくいただける豆の紹介も忘れることはありません。せっかくの豊富な種類の豆を用意する通販サイトの利用ですから、アイスコーヒーのためにぴったりな豆をチョイスすることです。アイスコーヒーにぴったりなコーヒー豆の産地としては、コロンビアやインドネシアに、ブラジルやケニアなどが向いています。酸味が少ないブラジルの場合は、ブラジル特有の香りと苦みを併せ持つタイプなので、アイスコーヒーにするにも癖がありません。スイートさがありながらもボディはしっかりしているのはコロンビアであり、酸味のバランスとともに、深いコクとスイートな香りのゴールデンバランスを兼ね備えているタイプです。苦みは深入りにすると出ては来るもののコロンビアは、苦みだけが強調をすることはなく、マイルドな味わいも醸し出します。ヨーロッパでは最大級と評価されるほどの価値があるのは、コーヒー豆のケニアであり、第一級の格付けをほしいままにする豆です。ボディが基本的にしっかりとしているのもケニアですから、焙煎もフレンチローストであっても可能ですし、豆として深煎りに向いています。インドネシアが誇るほどの櫃の高い豆はマンデリであり、生産はスマトラ島で80%が行われているほどです。元から酸味を含まない豆ですから、飲んでみても後味はスッキリタイプでコクと苦みもバランスが良く、アイスコーヒーにしても良い味わいを醸し出します。こうした豆類には深いコクと特有の苦みがあるので、味わいの中に酸味が程よく入っていて、アイスコーヒーをより美味しく引き立てることが可能です。

注目キーワード

アメリカンコーヒー
+薄いコーヒー +軽いローストのコーヒー 薄いコーヒーはアメリカより移入した文化であるが、現在のアメリカでは薄いコーヒーは飲まれていないようである。通称アメリカン。 http://www2.plala.or.jp/kamkamkam/gim
コーヒー牛乳
コーヒーに牛乳が入った飲み物。 カフェオレよりも、牛乳、砂糖などの割合が多い。 「飲用乳の表示に関する公正競争規約」の変更により「牛乳」という言葉は生乳100%のものにしか使用できなくなったため、正式に「...
PAGE TOP ↑