eiwa

Home > 住宅> eiwa

東京・神奈川の大規模修繕、長期修繕計画なら【株式会社 永和工業】


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

大規模修繕は東京・神奈川にオフィスがある株式会社永和工業を是非、ご利用下さい。リニューアル工事を始めて約30年の実績とノウハウを持った総合リニューアル会社。関東全域1都6県で事業活動しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

どのくらいの規模で行うかにより、大規模修繕と呼んで良いのかどうかが決まります。ただ、5年や10年などといった年月をかけるのであれば、それは大規模修繕と呼んで間違いはないでしょう。これから大規模修繕に取り掛かると言うのであれば、信頼できる業者を探す必要があります。全国的に見てもハイレベルで、頼んで間違いのない業者に声をかけなければならないので、東京都内の業者に目を向けるのが無難です。信頼と実績のある東京の業者なら、こちらの予算内で間違いのない結果を出してくれるでしょう。もちろん、予算をはみ出してしまっても、支払いの提案などをしてくれるような、良心的な業者であればなおベストです。とりあえず、来てもらった上で、見積もりを出してもらうのが一般的な流れになります。ただ、1つの業者だけにこだわりを持つのではなく、いろいろな業者を比較することを覚えておきましょう。確かに、特定の同業者から紹介してもらった業者等であれば、こだわる必要もあるかもしれないです。ただし、自分1人で調べて、東京都内で特にリーズナブルでコスパの良い業者がどこなのか考えているなら、遠慮なく比較して決めた方が無難だといえます。昔に比べても、大規模修繕を積極的に行ってくれるリニューアル会社が増えてきました。だからこそ、多くの会社の中から慎重に選んで、金額と技術力の釣り合いが取れている業者にお願いをする必要があります。なお、作業が終わって終了と言うわけではなく、その後のアフターメンテナンスもしてくれるような業者であれば、安心してお願いができるはずです。その間にどれくらいのお金が必要になってくるのかも、先にチェックしておいた方が良いでしょう。もちろん、修繕が終わった後にすぐ何かがあっても、無償で解決してくれるような業者にお願いするのが1番です。こちらに非がないようなトラブルのとき、しっかりと頭を下げて動いてくれるような業者にお願いするのが得策だといえます。
PAGE TOP ↑