太宰府ペットパーク|福岡のペット火葬・ペット納骨堂・ペット供養・福岡のペット霊園

Home > 生活> 太宰府ペットパーク|福岡のペット火葬・ペット納骨堂・ペット供養・福岡のペット霊園

ペット火葬は福岡県太宰府市「太宰府ペットパーク」へ|無料バス運行


葬儀の関連情報

葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の一部である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ペット火葬は福岡県太宰府市「太宰府ペットパーク」にお任せ下さい。大切なペットとの最期のお別れにふさわしい場所をご提供致します。公園のような自然に囲まれた明るく広々とした霊園です。無料送迎バスをご用意しておりますので、お気軽にお越し頂けます。

ペットに対する価値観が変わってきている昨今、飼っている犬や猫はもはやペットではなく家族も同然な存在です。生きているときはもちろん、寿命の短いペットに先立たれたときは丁重に見送ってあげたいと思う人も多いでしょう。そこで、最近ではペット火葬の業者もたくさん増えてきています。例えば福岡のペット火葬業者では、まるで人間のようにプランを組んでくれます。まずはネットからか電話で予約をします。このときペットのおおよその体重が必要になるので測っておきましょう。体重によって料金が確定します。中型犬なら2万5千円くらいが目安でしょう。また、骨上げまで立会いかスタッフにお任せかも選べます。その後タイムテーブルで都合の良い時間を指定して予約完了です。ペット火葬はだいたい2時間ほどかかるので、余裕のある時間を選びましょう。また、この福岡のペット火葬業者では、そのまま納骨堂に納めてもらうことも可能です。この業者は立地が良く、福岡を見下ろせる高台にあるので、ペットに見守ってもらっているような感覚を得ることができるでしょう。もちろんいつでもお参りに来れますし、明るく開放的な公園なので心も慰められそうです。また例えば他の施設で火葬を済ませていても、納骨だけをお願いすることも可能です。自宅の庭に埋葬すると将来的に管理が不安、というときにはお願いしてみると良いでしょう。飼い主が高齢でいつまでお参りに来られるかわからない、という場合なら、合祀墓に入れてもらうこともできます。永代供養のため心配はありませんし、他のペットたちと一緒なので寂しくもないでしょう。今はペットとの距離感が変わったためにペットロスなどの問題もよく聞くようになりました。ペットロスは「十分なことをしてあげられなかった」という後悔の気持ちが理由の一つです。専門のスタッフと一緒に丁重に火葬し、景色のいい場所に骨を納めてあげることにより、少しずつ気持ちを楽にしていきましょう。

注目キーワード

葬儀
葬送儀礼を略して『葬儀』と呼んでいる。日本の習俗的文化の中での「儀礼」とは形が見えないもの、つまり神仏や自然そして先祖や故人に対する礼拝である。葬送においては、故人の魂に対する取り扱いであり、一般的に......
葬儀委員長
一般に社葬や団体葬、お別れの会などを運営する葬儀委員会の長のこと。社葬の場合は特別な場合を除き、故人が所属した会社の社長や会長がなることが多い。
PAGE TOP ↑