陣内ウィメンズクリニック

Home > サロン> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

今は結婚をする人の年齢が上がったこともあり、出産適齢期と呼ばれる35歳を超えてから、妊娠を望む人の数が増えてきています。そしてそれは結婚の時期が遅くなったということと同時に不妊治療の技術が上がり、35歳以上の人でも妊娠をできる可能性が高くなってきているからです。少し前までは不妊治療といっても、体への負担が大きいだけでなく成功率も高くないということがあり、実際に治療を始める人の数は少なかったようです。それが徐々に医療技術が発達して、かなり高齢でも妊娠をする人が増えてきました。芸能人などでも高齢出産が当たり前のようになってきており、そういった情報を診た人たちも、あきらめずに不妊治療を続けるようになって、一般の人でも高齢出産をする人が珍しくなくなりました。しかし、治療には体への負担だけでなく経済的な問題も関係してきており、治療費がかなり高額になるために、金銭的な余裕がなく治療を断念するという人も数多くいます。不妊治療は病気ではないということで保険が適応されません。そのため実費負担となってしまい、かなり高額な治療費が必要になります。特に治療が進んでいくと高度な医療を行う必要がでてくるので、医療費も高額となってしまいます。一度で成功するとも限らないので、治療を続ければ続けるほど経済的な負担が大きくなり、いつまで治療を続けるのかという心配をしながら治療を続けている人が多いようです。しかし最近では自治体ごとに不妊治療の補助金が出るようになってきており、まだまだ十分ではありませんが、サポートをするという体制になりつつあります。今までは不妊治療は一部の人が行う特別なものでしたが、今では一般的に行われるようになり、特別な存在ではなくなってきています。そのことで不妊治療に対する知識も広まり、経済的葉負担を軽減した欲しいという希望が届くようになってきました。今後はより手厚いサポート体制が整うことを期待したいと思います。

注目キーワード

慶應病院
東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学医学部の大学病院。正式名称は慶應義塾大学病院。 →慶應義塾大学病院
野戦病院
戦場に置かれる病院。
【関連情報:不妊治療
PAGE TOP ↑